借りるお金どこがいい?

カードローンのメリット

カードローンとかキャッシングと言う言葉を最近はよく聴きます。カードを使って自分の預金を引き出すような感覚で、ATMやコンビニでお金を借り出すことができるシステムのことを言います。カードローンと言う言葉が示すように、そのカードさえ作っておけば、いざと言う時に、すぐに現金を引き出すことができるので、とても便利です。

昔からある、いわゆるサラ金系の会社の他に、最近では大手の都市銀行もこのカードローンの業界に進出しています。大手都市銀の名前がついている方が安心できるという人もいるでしょう。

気軽に借りられる、咄嗟の間に合う、などのメリットを追求しているので、最初の手続きにあまり時間がかかったりしていては、意味がない、というのもこの種のローンの特徴です。従って、審査も簡略化されていて、限度額によっては収入証明などの提出を省略している会社もあるのです。また、無人契約機という、誰もいない個室のなかで、スキャナーに書類を読みとらせる方法で必要書類提出を行い、その場で、審査終了、そしてカード発行という手順を30分ほどで完了させてしまう会社もあります。カードが手に入れば、もちろん、その日からすぐに現金を借り出すことができるのです。

このように、申し込みから借入完了までが、短時間で簡単に済みますし、カードでいつでもキャッシングできますから、その便利さにつられて使いすぎの無いように注意してください。あくまで、これは利子のつく借金です。

カードローンサービスの特徴

少額借入を行う際は別のサービスをご利用になるのも手ですが、住宅や車などの高額借入を行う際はカードローンサービスが欠かせません。カードローンサービスでは、高額貸出をサービスの中心に据えています。そのため、借入限度額が高めに設定されます。他の借入サービスでは、借入限度額が低めに設定されるため高額借入には不向きです。

また、総量規制の対象となる場合、年収によっては数十万円の借入が限度となってしまいます。それが、銀行系のカードローンサービスだと、総量規制の対象となりません。これが高額借入を可能にしている理由の一つです。ところで、このサービスでは月々のリボルビング払いでの返済方法を採用しています。この点も他のサービスと異なるポイントです。他のサービスの一括払いによる返済方法と異なり、分割して返済していくことで完済を目指します。

高額借入しても無理の無い返済を可能にしています。この様なポイントは、ケースによってはメリットとしてもデメリットとしても捉えることができます。全ての人に有効となる借入サービスが存在する場合には、種類は必要なく一つのサービスで足ります。しかし、人によって有効となるサービスが異なるからこそ、しっかりと検討した上でご利用になる方法を選ばなければなりません。

カードローン審査に落ちたらどうするのか

銀行はおまとめローンを前面に打ち出していますが、審査がきびしいので銀行カードローン審査に落ちてしまう人がいることも事実です。その場合はどうすればいいかというと、あきらめずにほかの消費者金融会社をさがして申し込んでみることが大事です。もちろん基準はいろいろあるので数社に問い合わせてみましょう。

銀行の審査に落ちる人には特徴があって、ほかに借り入れがあるか前に借り入れしていたデータが残っている場合です。それでも現在お金が急に必要になっている状況ですから、利息が増える前に何とかしたいものです。インターネットの口コミを利用しましょう。そうすれば人気のある会社がわかります。つまり審査が甘い会社をさがすということです。例えば現在はキャンペーン中とか、初めてご利用特典などといった独自のサービスをウリにしている消費者金融会社もあるので、必ず比較することが必要になってくるのです。

申し込み先が決まったら冷静に落ち着いてのぞみましょう。銀行のカードローン審査に落ちたショックと利息がどんどん膨らむ恐怖感から焦ってはいけません。焦ってしまうと申込用紙に間違いを記入してしまうといったイージーミスすら起こしかねないからです。必ずカードローン審査に通る会社はあるのでショックを振り払っていきましょう。